義歯(入れ歯)とインプラント

それぞれの特徴を知りましょう!

インプラントとは

歯を抜かなければならなくなってしまったとき、 抜けてしまった部分を補う方法として主に考えられるのが義歯(入れ歯)とインプラントです。 それぞれの特徴を知って賢く治療方法を選びましょう。

インプラント

インプラント

インプラントは、生体との親和性が高い“チタン”という金属で作られています。 歯を失った部分の顎(あご)の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、 その上に人工歯(歯冠)を装着する治療法です。
顎の骨とインプラントがしっかりと固定されるため、天然歯と同様の咀嚼力が蘇ります。 外観も天然歯となんら変わりなく、口腔内の違和感もありません。

インプラント治療の場合、顎の骨に直接インプラントを埋め込むため、 刺激を与えることができ、顎の骨が痩せていくことを防ぐことができます。 また、健康な歯を削る必要がない画期的な治療法なのです。
ただし、インプラントは保険が適用されない「自由診療」なので、 本数、部位によっては数十万と高額になります。

入れ歯

入れ歯

欠損部に取り外し可能な部分入れ歯を入れます。金具を使用して、 他の歯に固定するという方法をとるため、外観や使用中の違和感があり、 噛み心地も天然歯とは大きく異なります。
総入れ歯の場合は、咀嚼するたびに大きな痛みを感じたり、 発音が不明瞭になったりするなどのデメリットがある場合もありますが、 インプラントのように手術が必要ないことがメリットと言えるでしょう。

また、入れ歯の場合には保険が適用されるものもあります。 ただし、外観に違和感のない高級なものは保険が適用されず、中には数十万円するものもあります。